www.georgekoukourakis.com

.

.


クレジットを使用不可能化するという行為についてはまことに取っ付きやすいことではありますが使用不可能化するをする上で注意しておきたい点を頭の隅に入れておけば、解約なども卒なく完了させることが簡単になります。留意すべき事柄を整理しましたので余裕があれば気をつけて下さい。クレジット加入後時間をおかず即試用不可能化は御法度》クレカ発行したのち即座に当該するクレジットを契約解除申請をしてしまうと、ブラックリストに入れるべき人物というように取り扱い会社によって登録されてしまうなどという事態がある(あくまで何度も申請⇔使用取りやめにという作業を実行してしまった場合)。特筆すべきは加入ギフトカードのプレゼントを得る目的である申請のケースには、ギフト券もしくはサービス・ポイントなどという加入した時の特典を残らず回収したからといってすぐに契約解除の実行をしたいと思うようになってしまう意向もうなずけますが、クレジット取扱会社側の視点より見れば信用出来ない利用者においては絶対組織によるカードを使って迷惑をかけられたくないと判断するとしても文句は言えません。故に、たとえ入会特典以外に魅力を感じずにクレジットカードというものを作った際にも間髪入れず登録解除手続きをせずに半年、許されるならば1年よりもカードについては保有しておくことをするべきだと念を押したい。作成時の優待券だけに限定されず、まずは登録して手に入れてはみたけれどもいつ使えばいいかわからないなというように考えてしまう時にあっても、発行してから六ヶ月以上は財布の中のクレカを保有続けて頂きたいと思います。クレジットを受け取るの方で思っているよりカードを新しく用意する際にかかるお金や手間は避けられないものだと考えて、ほんの気持ち程度の楽をさせてあげよう・・・などと思いやってもらえるのならお互い気持ちよくなれると考えれます